なりすまし

個人のなりすまし

なりすましというと、電話などでなりすましの電話がかかってくるという内容のものがありますが、現在ではあまり見られない事例の1つとされています。
その理由ですが、あまり情報の漏えいにおいて高い効果が得られないからです。

そのため、今では「間接的な情報漏えい」が代わりに増えてきている状況となっています。
被害件数が多いものでは、「第三者がなりすまし」を行うというものが目立ってきています。
第三者のなりすましとは、すでに間接的な情報漏えいでキャッチしている個人情報を用いて、本人ではない人がサイトなどにアクセスをするというなりすましです。

なぜ、そもそも個人情報が漏えいしているのか?というと、先に本人に対してウィルス入りのメールを送信しているからです。
こちらのメールをクリックして、指定URLにジャンプするとすでに個人情報の一部が抜き取られている状況となり、後はその情報を元にしてなりすましを行うだけとなります。

このなりすましの恐ろしいところは、事件発覚までにかなりの時間がかかるという点でしょう。
すぐにバレるような気もしますが、あまり使っていない過去に登録などを行ったサイトでは、あまり使わないだけに第三者の悪用があったのか不明な場合が多いです。
このようななりすましも存在するのですが、このような内容のなりすましで最も怖いのは、なりすましという形でクレジットカードを悪用されることです。
悪用されても、クレジットカード側から電話などの連絡が入るわけではありませんので、あまり利用しないショッピングサイトでは、現金払いを優先して行っていくようにしましょう。

クレジットカードの情報が引き抜かれてしまうと、場合によっては本人の利用が行えないようにされることもありますし、無断使用後に多額の請求が発生する事例まで存在します。
このようなトラブルが起きた場合、いち早くクレジットカード会社に問い合わせておきましょう。
今ではこのようなトラブルに向けたサービスに、クレジットカード不正使用時のロック、及び利用金額の請求について補償を行うサービスなどが導入されています。

企業のなりすまし

大人はあまり騙されないのですが、子どもが良く騙されるなりすましも存在するので案内しておきます。
そのなりすましとは、トラブルが発生したという企業からの嘘の報告です。

メールでその連絡が行われるのですが、必ず利用されている企業に対して電話・メールで確認を行っておきましょう。
セキュリティ意識の高い業者であれば、メールの内容などを素早く確認し事実無根であったかどうかも調査してくれます。
間違っても受信したメールのURLを辿り、指定の操作を行わないようにしておいたほうが賢明です。