カスペルスキー

時代に合った防御機能

パソコンでインターネットを用いるというのは、今ではずいぶんと古い時代になりました。
今では、パソコンだけでなく携帯やスマートフォンでも、インターネットをパソコンと同様の環境で閲覧・操作できる時代です。

そのような時代となっているため、インターネット閲覧のみでも欠かせないソフトにセキュリティ対策ソフトというソフトがございます。
インターネットを閲覧している場合、健全な人物・企業が制作されたものであれば、まったくの危険が発生しない状況で閲覧することが可能です。
しかし、そうではない危険な人物・企業が制作されたものである場合だと、どうしても閲覧者に被害を与える結果となってしまうのです。

このような背景がインターネットには存在するのですが、カスペルスキーではこのようなトラブルもまとめて対策してくれるソフトを開発しました。
カスペルスキー2015マルチプラットフォームセキュリティというソフトなのですが、こちらを購入しインストールされると、先ほどのような問題については常にソフトが監視するという形をとります。
つまり、利用者側は何も気にしないで健全なサイトのみを閲覧し続けられるのです。

このような機能のおかげで、マルチプラットフォームセキュリティには高い防御機能があると評価されているのですが、カスペルスキー独自の新技術(アイディア)も導入されているため、多面的に使えるソフトとしても有名になりました。
例えば、危険なサイトからの保護以外では、個人情報を盗み取る目的で作られたフィッシングサイトについても検知してくれます。
ウィルスに感染させることを目的としているサイトについても、いち早くその情報をキャッチしてくれるので、危険なサイトがまとめて確認できるようになっているのです。

さらにカスペルスキーは警察庁と連携してソフトを動かしています。
「振り込め詐欺」といった詐欺などにかからないよう、詐欺に関わっているとされるサイトのアクセスは、自動でブロックする機能まで導入されているのです。

斬新なアイディアが幾つも導入されている

近年になって、カスペルスキーのような斬新なアイディアをセキュリティ対策ソフトに導入する企業は増えています。
そのため、「リムーバブルドライブスキャン」のように、近年では良く用いられる小型の記録媒体に対しても、安全に用いられるよう定期的にスキャンする機能まで誕生しました。
こちらもカスペルスキーでは導入されています。

他にも、大人の男性などが迷惑を受けていることで知られている、不正ロックについてもマルチプラットフォームセキュリティでは対策済みとなっています。
不正ロック後に金銭の要求が発生するという質の悪い迷惑行為なのですが、人によっては相談もできない内容のため、このような機能の存在はインターネットでは欠かせないものの1つとなっているのです。