ウイルスバスター

売れているセキュリティ対策ソフト

セキュリティ対策ソフトとしてウイルスバスターは有名です。
今では、無償配布されているセキュリティ対策ソフトも存在しますが、それでも売れているセキュリティ対策ソフトとして、ウイルスバスターを買い求めるお客様は多くいます。

なぜ、年間では5000円以上すると言われているソフトを、毎年で購入されている人が多いのか?というと、それは次のような理由もあり購入せざるを得ない状況にあるためです。

第一に、セキュリティ対策ソフトをダウンロードしておかないと、海外サイトなどでは危険な目に遭うことが多くなります。
近年では、過去のようにクリックをすると危険な広告がある・・・という状況ではなく、クリックしないでもサイトを覗くだけで危険な目に遭うことがあるのです。

しかし、セキュリティ対策ソフトであるウイルスバスターを積んでいると、すでに危険だと認定されているサイトについては、警告メッセージ・警告アイコンで知らせてくれるようになっています。
このようなソフトが存在するおかげで、安心してパソコンでインターネットを楽しめるというわけです。
他にも用途は数多くあり、ダウンロードしたソフト、もしくはメールソフトに届くメールに危険性がないかも確認してくれます。
このような機能は機能が最初からONの状態になっているため、個人で設定する部分はほんの僅かとなっているのも便利だと感じるところでしょう。

新機能も多く搭載

前述した危険なサイトに対して警告するという機能ですが、なにもサイトのみで有効となっているわけではありません。
他にも、ウイルスバスター独自の新機能「SNSプロテクション」という機能もございます。

SNSプロテクションは、SNSに存在するリンクが安全かをチェックしてくれる機能です。
本来のセキュリティ対策ソフトは、サイトそのものが安全かどうかを教えてくれるソフトなのですが、ウイルスバスター以外では欠点が見られることもあります。
それは、リンク先が多い場合にリンクが安全なのかを知る方法が、手動でなければ正確に確認できないという欠点です。

ウイルスバスターの場合、そのような面倒はありませんので、リンク先の色が「赤、黄色」の場合には危険性ありと見なして、クリックしなければ良いというふうに工夫されています。
他に、近年でも問題視されたままとなっている「フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺」についても、ウイルスバスターを導入されている場合には、素早く検知されるという仕組みになっていますので、安心してサイトを利用できます。
検知だけでなく、世の中でどのような形で危険視されているのか?という、ニュース部分についても定期的にリリースしているのが、ウイルスバスターというセキュリティ対策ソフトです。