指紋センサー

企業におけるセキュリティ対策で、特に端末に対しての認証によく使われるようになってきているのが「指紋認証」です。
指紋認証は文字通り人の指先の模様を予め登録しておくことにより、専用の機器に読み込ませて本人であることをチェックするというしくみです。
指紋認証システム自体はかなり昔からあったのですが、精度の問題や誤差が起こりやすいこともあり、それほど完全に普及してきたわけではありません。
しかしながら、Appleの最新スマートフォンであるiPhone5Sでは端末ロックを解くために指紋認証システムを導入したこともあり、現在ではかなり精度も信頼性も高い技術レベルになってきています。

指紋認証はどちらかといえば、入退室や権限確認よりも本人確認というところで多く使用されているようです。
先ほどiPhone5Sに触れましたが、ノートパソコンにおいてもログインをするときに指紋認証が必要になっている機器も多く販売されており、比較的汎用性は高いものになっています。
指紋認証システムの機器は本当に指先程度の小さなスキャンで認証ができてしまうので、小型の機器使用をするときに導入がしやすいというメリットがあります。
またICカードの読み込みや暗証番号・パスワードの入力をいちいち機器使用のために行う手間もなく、一瞬で本人認証ができるところも大きなメリットです。

ただ反面で、まだ精度に若干の技術的不安が残るところと、もしケガなどをして読み込み登録をしていた指で指紋を読み込めなくなると認証ができなくなってしまうというデメリットもあります。
それらを補うため指紋登録は複数の指ができるようにしてある対応例もあるようです。