利便性とセキュリティの両立

会社でのセキュリティ対策

会社でのセキュリティ対策、しっかりできていますか?
外部からの攻撃については、対策ができているところがほとんどだと思います。
ですが、社内セキュリティについては大丈夫ですか?

社内で利便性をはかるために、インターネットを経由した外部ツールを導入している企業は多いのではないでしょうか。
ツールを利用するうえで気をつけているのは外部からの不正アクセスや攻撃だと思います。
外部から攻撃されてしまうと、社内情報や機密情報が漏れてしまい、損害を被ることになります。
では、外部だけ気をつけていれば安全といえるのでしょうか?

社内に潜む危険性

実は社内にも脅威は存在するのです。
社員の過失によるものや、内部からの不正アクセスにより情報を不正に閲覧、持ち出しされてしまう可能性もあるのです。
社内セキュリティの管理について、社内で教育をすれば良いのではと思うかもしれませんが、内部での情報流出対策を行なっていても、情報が流出しないという保証はないのです。
もし社内に悪意を持った社員がいた場合、情報が簡単に持ち出されてしまうかもしれません。

では、外部ツールの利用は危険なのでしょうか。
こちらのINSUITEは、利便性とセキュリティのベストバランスがとれているのです。
データの機密性や認証を強化していることや、セキュア・ログインオプションにより高度な認証を実現しているので、外部から攻撃を受けてもセキュリティサーバがシェルタの役割を果たしてくれるのです。イントラネットには障害が及ぶことはありません。
社内の情報を共有するツールとしては、セキュリティ対策がしっかりとされていますので、安心ですね。
このツールの導入実績としては、日本航空(JAL)をはじめ、大手証券会社や地方自治体やラジオ放送局など、さまざまな企業や団体で導入されています。HPには導入例がありますので、気になる方はチェックしてみてください。

こちらのINSUITEは安全性を高く謳っているので、安心して利用できるのではないでしょうか。
ですが、社内セキュリティの知識もお忘れなく。