メール対策

・ あやしいメールに要注意

怪しげなダイレクトメールなどは、見てすぐに削除したり、ソフトやメールサービスのフィルターが振り分けて迷惑メール扱いにしてくれるので対応しやすいのですよね。
しかし最近は、巧妙なメールを作成して、サービスへの加入を促すのではなく、メール受信者の個人情報を盗もうとするものもあるので、くれぐれも注意が必要です。

例えばクラッカーは、大手企業のメールを装い、不正アクセスがあったので登録情報を更新するように促す内容のメールを送ってきます。
何か起きたのかと慌ててアクセスし、画面通りに個人情報を入力して送信ボタンを押したら、それは悪徳業者のページだった、という恐ろしい仕組みです。

件名に「○○銀行」など、大手銀行や企業の名前を平気で書いてきますので、うっかり信じてしまう人が後を絶ちません。
そのほか、自分の友人知人を装ってメールをしてきたり、出会い系サイトの返信のふりをしていたり、加入しているプロバイダの窓口を装うなど、偽装が実に巧妙、そして悪質になってきています。

・ あれ?と思ったメールはしっかり確認する

件名に企業名が出てしまっていると、危うく信じてしまいそうになりますが、ここで確認のポイントをいくつかご紹介しますので、参考にしてメールの見極めをしてみてください。

「○○銀行」などと書かれていたら、送信者のアドレスを確認してみましょう。
銀行のダイレクトメールとアドレスが異なるはずです。
中にはYahooメールなどのフリーメールを使用していることもありますが、大手企業が他社ドメインのメールを送ってくることはまずありません。

ドメインとはメールアドレスの「@」マークより右側の部分のこと。
本物のダイレクトメールを見てみると、企業名が当てはめられていることが多いのがわかります。
巧妙な手口になると、このドメインにおいても似せたものをとって送りつけてくることがありますが、そんなときは一番右側の文字をチェックしてみましょう。

多くのアドレスが「○○@○○.jp」や、「○○.co.jp」などと書かれています。
「co.jp」は企業であるという印になり、大手企業はほとんどがドメインの最後に「co.jp」とついているはずです。

詐欺メールは末尾が「.net」などそれ以外のものを使用していることが多いので、判別のポイントになります。
そのほか、ドメインが文字の羅列というアドレスも詐欺メールであることが多いので、件名は大手企業ののにメールアドレスがおかしい、というときは、速やかに削除してしまいましょう。

海外から送られてくるメールも要注意です。
最近は海外のネットショップで買い物をする人も増えてきて、英文メールが送られてくることは珍しくないという人もいるようですが、海外のメールに表示されているアドレスにむやみにアクセスしてしまうと、スパイウェアがインストールされてしまう可能性があります。