USBメモリ感染型ウイルス対策

最新の状態を保つ

USBメモリ感染型ウイルスが近年では問題視されるようになりました。
というのも、潜伏している期間が長いものもあるので、セキュリティ対策されていないパソコンでは感染が広がっていってしまうからです。

感染というのは、一次被害・二次被害のような感染経路となっています。
しかし、一次被害というのはそれほど大きな被害ではありません。
パソコンの操作が重くなる、もしくは一時的にフリーズしてしまう程度で留まることが多いからです。
ですが、二次被害まで感染が広がってしまうと、OSがまともに動作しなくなりますので、OSがない状態で起動することしかできなくなります。

パソコンを使用されている人であればお馴染みの「コマンドプロンプト」のみ表示されるという状態になり、しかも操作を受け付けなくなる恐れまであります。

このような事態になってからセキュリティ対策をされても、時すでに遅しだと思っておいたほうが良いでしょう。
肝心のOSが動かないというのは、感染が完了してしまっている証拠なので、OSと連動して動くセキュリティ対策ソフトは意味を成さないのです。
さらにOSをインストールさせようとしても、メッセージエラーが表記されるだけで進行しなくなります。

つまり、セキュリティ対策は一次被害までに済ませておく必要があるのです。

ウィルス対策ソフトの導入

ウィルスというのは既知のものもあれば、検知しないと不明のままの新しいタイプまで存在します。
日々進化を続けているウィルスも存在するため、個人で把握することはできないでしょう。

なので、インターネットやパソコンによる時間を大事にしたい、もしくは防御機能が適っている状況で使用したい・・・という場合は、USBメモリ感染型ウイルス対策のセキュリティを導入すべきです。
有名なものでは、ノートン製品の「NortonInternetSecurity(ノートン・インターネット・セキュリティ)」があります。
こちらがインターネット、パソコンのウィルス監視では特に有効であると評価されているのですが、何よりも嬉しい機能はトラブルが起きる前に対策をしてくれる点です。
パソコン、携帯、スマートフォン、タブレットであってもインストールできるようになっていますので、拡張して長く使えるという点も便利でしょう。

今回のUSBメモリ感染型ウイルスの場合、検知されると同時に対策を施してくれるので、「完全な消去・感染拡大阻止」という点では大いに役立ってくれます。
更にこのような機能だけでなく、Nortonのセキュリティ対策ソフトであれば、どのようなサイトから感染したのか?という疑いについても、パソコン利用者に代わって調べてくれるのです。
精度・防御機能において、中々Norton以上というのは存在しません。