無線LAN対策

・ 無線LANは不正アクセスされやすい

無線LANは、専用のモデムやルーターを設置することで、ケーブルを使わなくてもインターネットに接続できる機能です。
コードレスである分見た目がスッキリしますし、パソコンの移動なども容易になるとても便利な機能ですが、無線LANには大きな危険があります。

ルーターからパソコンまでは信号を飛ばしてインターネットに接続できるようにしています。
この信号に不正アクセスされてしまうと、自宅のネットワークに侵入され、自宅のパソコンが記憶しているインターネット上のサービスのIDやパスワード、クレジットカード情報などを盗まれてしまったり、閲覧しているサイトなどを盗聴されてしまう恐れがあるのです。

そのほか、自宅で使用している無線LANを不正で利用されてしまうなど、きちんと使用しないと危険がたくさんある無線LAN。
安全に使用するにはどのような対策を取ればよいのでしょうか。

・ 必ず「暗号化」して利用

無線LANの設定を行うときに、暗号化して信号を送るか否かの設定をするところがあります。
説明書を見ながら設定をすれば、その設定画面にたどり着きますので、必ず暗号化する設定で使用するようにしてください。

暗号化にはいくつかの種類があり、種類によっては利用しているプロバイダのサービスが繋がりにくいこともあるようです。
その場合はプロバイダに問い合わせ、推奨する暗号化方式を確認した上で設定するとよいでしょう。

また、アクセスするには必ずIDとパスワードを必要とする設定にしておくこと。
これをしておかないと、電波を拾われて不正にネットワークを使用されてしまいます。

最近のパソコンは、自動的に無線LANの接続を検出する機能があるので、立ち上げただけで勝手に接続を探しに行ってくれます。
このとき、複数の接続が見つかることがありますが、これは近所の人などで無線LANを使用している方がいた場合、その信号を拾っているのです。

信号を暗号化し、認証をかけておけば勝手に使われてしまうことはありませんが、認証をかけておかないと、接続ボタンを押しただけですぐに使えてしまうのでとても危険です。

暗号化の方式にはいくつもの種類があり、一言で聞いただけではパソコンに疎い方だとよくわからないかもしれません。
説明書を見ながら設定していくか、専門の設置業者に依頼するというのもひとつの方法です。
専門業者であれば、どの暗号化方式を使用するのがよいかを把握していますので、あちこちに問い合わせなくてもすぐに問題を解決してくれます。

こうしたセキュリティ対策をしっかりとれば、無線LANはとても便利で使いやすいサービスです。
不正アクセスの心配なく安心して利用できるよう、最初の設定だけはきちんと行っておきましょう。